ローカルニュース

廃れゆく背広の仕立て屋

「スペインから確実に背広の仕立て屋は無くなる。」 ラ・コルーニャ市中心部にある背広の仕立て屋、「イグレシアス」のホセ・ルイス・イグレシアスさんの話しを聞いたらそう感じずにはいられない。「イグレシアス」は、創業148年のス… もっと読む »

マドリードっ子の名前に変化が!

2011年は大翔、蓮、結衣、葵、30年前の1981年は大輔、大介、恵、愛…これらは日本で新しく生まれた命に授けられた、人気のある名前である。このように日本では名前に流行というものがあるが、同じくスペインでも流行というのが… もっと読む »

カタルーニャ州で進むカタルーニャ語の使用義務

カタルーニャ州タラゴナ県は公共医療機関で働く職員に対して、同州の公用語である「カタルーニャ語」の職務中の使用を義務付けた。 スペインには複数の公用語が存在することは良く知られている。全国共通であるスペイン語は「カスティジ… もっと読む »

野生馬に仕掛ける罠、その理由は?

スペインとポルトガルの国境付近に位置するポンテベドラ県モラサ半島の山々に住む野生の馬が、山中に仕掛けられた罠に次々と掛かってしまっていることが問題になっている。 同地方の山の警備を担当する組織によると、これらの罠は、馬の… もっと読む »

携帯電話アンテナ塔で住民に健康被害

スペイン、カナリア諸島(アフリカ大陸北西岸)の一つ、ゴメラ島の西に位置するバジェ・グラン・レイという村に設置されていた「携帯電話のアンテナ塔」が周辺住民に健康被害を与えているとして問題になっている。 バジェ・グラン・レイ… もっと読む »

進行するマドリードの大気汚染

マドリード市役所は、市内24カ所で大気の二酸化窒素濃度の測定を行ったところ、2011年度(1月~12月)は19カ所で、年間平均の制限値である「1立方メートル当たり40マイクログラム」を上回る数値が出たことを発表している。… もっと読む »

映画料金が上昇中。それでも安い?

スペインでは映画館の入場料が全国各地域で異なり、全体的には日本に比べて安価だ。しかし、スペインの民間消費者団体「FACUA」のデータによると、昨年末のスペイン全国の映画館の平均入場料金は、平日料金で6.52ユーロ(640… もっと読む »

臓器移植先進国、スペイン

『スペイン臓器移植団体(ONT)』のデータによると、先月23日~25日の72時間で、スペイン全土の病院で行われた臓器移植の数が94件を記録し、過去最多となった。 移植された臓器の内訳は、腎臓が53件、肝臓23件、肺8件、… もっと読む »

「喫煙OK」のバーがある村

今年の1月よりスペインでは、タバコに関する新しい法律が施行されている。それは「レストランやバーを含む屋内の公共スペースなどでの喫煙を禁止」するものだ。 しかしマドリード州にはその法律を無視し、いまだに大多数のバーで普通に… もっと読む »

マドリード 年中無休の町へ

マドリード州議会は12月15日の集会で、マドリード中の商店の「365日24時間営業」を許可する法案を承認する見通しとなっている。 この法案はペルシバル・マングラノ氏が代表を務める経済省によって作成された。初草稿は今年10… もっと読む »

パーフェクトエアポート!

雑誌『ナショナルジオグラフィック・トラベラー』が世界中の空港を「デザイン性」と「利便性」の両面からランキングした企画『パーフェクトエアポート』で、マドリッドのバラハス国際空港が第1位に選ばれた。 「バラハス国際空港」の年… もっと読む »

1 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24