ローカルニュース

ガリシアから野生の馬が消える?

スペイン北西部、ガリシア州全土の山には野生の馬が生息している。そして、それらの馬の住む山がある村々では、頭数や衛生面を管理するために1年に一度、5月から8月にかけて馬を集めて伸びた毛を刈り、焼印を押して数を数える「ラパ・… もっと読む »

誰よりも先に世界を見たスペイン人

17世紀にナイル川の源流を世界で最初に発見したイエズス会士。16世紀にカンボジアを統治したラ・マンチャ人。15世紀に世界で初めてアジア大陸の欧州大使となったマドリード人。アメリカ合衆国50州最古の都市を建設したアストゥリ… もっと読む »

止まることを知らない値上げ

マドリードの公共輸送機関は、昨年8月に大幅な値上げがあったにもかかわらず、5月1日からさらなる改正が実施された。 前々よりメトロの補助金の高騰が話されていたが、2月に一度、マドリード州の運輸大臣より「値上げは行わない」旨… もっと読む »

村民の楽しみと引きかえに

アンダルシア州アルメリア県のフェリックス村は、人口わずか700人足らずの小さな村だ。このフェリックス村では毎年、村の守護聖人のひとり聖マルコスの日である4月25日に、村役場主催のお祭りが開催されている。しかし、フェリック… もっと読む »

もっとも強くて美しい橋

先日、スペイン北部の町ビルバオで、“ある馴染み深いもの”を使った一風変わったコンテストが開催された。 それは「アイスの棒!」 アイス棒を使って模型橋を制作し、その上に薄い銅板を載せ、その耐久性を競われるのである。また美し… もっと読む »

バーの新規営業禁止!

マドリード中心部は現在、コンビニエンスストアやバー、ファミリーレストラン、テイクアウトのピザ屋など、深夜営業のお店が急増している。以前は夜中に何かを食べたくても、何かを買いたくてもできなかったのだが、ここ数年で大幅に変わ… もっと読む »

生き残る“伝統芸”

現在、経済危機によりマドリードでは多くの仕事が消えていっている。しかし、その影響をものともしていない仕事が存在しているのも事実である。それは、不況が始まる以前に、ほとんど絶滅していたと言ってもいい状態にあった靴磨きや理髪… もっと読む »

給食からお弁当へ“学校ランチ革命”

学校でのランチと言えば給食が定番だが、バルセロナの学校では給食の代わりに「子どもたちにお弁当を持たせる」ことを希望する保護者が増えているという。理由は“Crisis”(=不況)。失業率20%という深刻な不況下、「給食費が… もっと読む »

1 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 24