ローカルニュース

世界初!地中海のクロマグロ養殖最前線

日本の食生活に欠かせない魚のひとつクロマグロ、現在では年間漁獲量は1万3000トンまでに下がったが1990年から2006年にかけての年間漁獲量は7万トンにものぼり、欧米では本種の資源の枯渇に対する懸念の声が高まっていた。… もっと読む »

ガリレオ・ガリレイとベラスケス-3

「棹立ちの馬と、それに跨る騎手のブロンズ像がどのようにしたら倒れずに立っていられるか?」 ガリレオは、この問題を像の大半の重さを塊状の後身に集中させて、それをカウンターウェイトとして作用させることで解決した。これは当時革… もっと読む »

ガリレオ・ガリレイとベラスケス-2

マドリードのパラシオ・レアル(王宮)東側に位置するオリエント広場中央にあるモニュメントを頂く「フェリペ4世像」。この像は、ベラスケスとガリレオ・ガリレイのコラボレーションから生まれた作品で、ベラスケスの作成した棹立ちにな… もっと読む »

ガリレオ・ガリレイとベラスケス-1

マドリッドには、ガリレオ・ガリレイとベラスケスのコラボレーションによって生み出された「壮観な記念建造物」がある。 「王宮」は、カルロス3世からアルフォンソ13世までの歴代の王の住まいだった所で、現在はセレモニーに使われる… もっと読む »

”Joyel Rico de los Austrias”とは?-3

1599年、フェリペ3世はマルガリータ・デ・アウストリア=エスティリアと結婚。画家のフアン・パントハ・デ・ラ・クルスとベラスケスは宝石を身につけた彼女の肖像画を作成している。 1615年、後のフェリペ4世となるフェリペ王… もっと読む »

”Joyel Rico de los Austrias”とは?-1

「ブラッディ・メアリー(血まみれのメアリー)」という異名で恐れられた君主が16世紀の英国にいた。メアリー=チューダー、後のメアリー1世である。彼女はヘンリー8世と彼の最初の王妃カタリーナ・デ・アラゴンの娘で、即位してから… もっと読む »

聖イシドロの井戸の奇跡

スペインバロックを代表する画家にアロンソ・カノという人物がいる。ベラスケス、リベーラ、スルバランに比べれば知名度では劣るものの、生前は画家としてだけでなく、彫刻家、祭壇装飾家、建築家としても大いに名を馳せ、宮廷に画家兼私… もっと読む »

前代未聞の「人間の塔」が出現!

「異次元のサッカー選手」と言えばバルサのメッシだが、今年11月1日の「全聖人の日」、カタルーニャにもうひとつ「異次元の業」が披露された。210年の歴史を持つカタルーニャの伝統文化カステイス(人間の塔)で、前代未聞の巨大な… もっと読む »

メトロポリタン美術館でベラスケス発見!-1

9月に事件が起きた。N.Y.のメトロポリタン美術館で「ベラスケスの描いた絵」が発見されたというのだ。ベラスケスは17世紀スペインを代表する画家。宮廷画家に招聘された事を足掛かりに廷臣に昇進、徐々に立身を重ね、終いには王宮… もっと読む »

1 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 24