ローカルニュース

北スペイン伝統建築の保存問題

スペイン北西部ガリシア州と隣のカスティージャ・イ・レオン州にまたがる場所に、ロス・アンカーレスという山岳地帯がある。2006年にユネスコの「生物圏保護区」に指定されたこの地域には、家屋や穀物庫にみられる独自の伝統建築が現… もっと読む »

水質汚染とスラム住人による貝の違法採取

海水の汚染が問題となっているスペイン北部ラ・コルーニャ市のリアス(入り江)では、チャボーラと呼ばれるスラム地域の住民で形成されたグループが、アサリやザル貝の違法採取を頻繁に行っている。彼らは“チャボリスタ”と呼ばれ、スペ… もっと読む »

アンダルシアの白い村“ミハス”で夏競馬

日本人旅行者に人気の高い、アンダルシアの白い村“ミハス”。現在、この村で恒例行事の「夏競馬」が開催されている。ミハスの競馬場は、村の郊外ミハス・コスタに位置し、セビージャのドス・エルマナスと並んでアンダルシアの2大競馬場… もっと読む »

マラガ、人口が一年で最も増加する1週間

バケーションシーズン真っ盛りのコスタ・デル・ソルの玄関口マラガに、一年で最も人口が増加する1週間が訪れる。 毎年、8月15日の「聖母被昇天の日(聖母マリアが魂も肉体も天に上げられたことを記念する祝日)」と8月19日の「マ… もっと読む »

国債とリスク・プレミアム

ギリシャの経済危機が騒がれたかと思うと、今度はスペイン、イタリア国債の問題が浮上してきました。 8月8日付El País紙は、欧州中央銀行がスペインおよびイタリア国債の暴落にブレーキをかけるため、介入政策をとる事を決定し… もっと読む »

ガリシア州の廃村に移住するチベット仏教僧

ガリシア州オウレンセ県には過疎化による廃村がいくつも存在し家屋や田畑が放置されている。 7年前に最後の住人が亡くなって以来、標高800mの内陸に位置し手付かずの大自然に囲まれているベントセーロという村は、そんな廃村のひと… もっと読む »

マラガ市民の夢の実現はいつに??

2006年から工事が行われているマラガ市街を横断する地下鉄工事が、アンダルシア自治州政府の資金不足のために暗礁に乗り上げている。 当初の予定では2009年に完成予定だった地下鉄も、現在の完成予定年は2014年に変更され、… もっと読む »

1 17 18 19 20 21 22 23